「ジャーヘッド

 新兵として厳しく訓練され、湾岸戦争に派遣された狙撃兵のスオフォード(ジェイク・ギレンホール)。

 しかし待機の連続。挙句の果てには実質4日で戦闘終了。

 今日日の戦争における「兵隊」、「戦場」の意義を問う作品。

 キューブリックの「フルメタル・ジャケット」(ベトナム戦争)とは隔世の感がある。

 76/100

 P・S 

 それにしても、この作品を日劇1(客席1000人レベル)で上映するのは、どうかんがえても間違っていると思う。客2割も入ってなかったかも。

 実力派(監督のサム・メンデス、助演のピーター・サースガードジェイミー・フォックス)はそろっているが、いかんせん地味。

 有楽座あたりなら満員になるでしょうけど。