2006-01-17から1日間の記事一覧

「椿三十郎」 痛快娯楽時代劇でありながら、三十郎(三船敏郎)が刀を振るって得られる強さは必ずしも彼を幸せにはしないという部分も描かれていて興味深い。 ある種、座頭市に近い屈折アウトローといった感じを受けた。 「てめえらのおかげでとんだ殺生をし…